観光をさらに満喫するために失敗しないホテルの選び方

設備やアニメティを選ぶ

忘れがちな選択ポイント

部屋に備え付けられているアニメティや設備など、人それぞれで重要視するポイントは変わってきます。
そのうちのいくつかを例に挙げてみたいと思います。
例えば喫煙ルームか禁煙ルームか。
実は禁煙ルームにも、元から部屋での喫煙が許されていない「完全禁煙ルーム」と、喫煙部屋を消臭スプレーによって清掃した「消臭対応ルーム」の2種類があります。
本当にたばこの臭いが苦手な人にとっては、この2つの間違いは致命的なものになるので注意が必要です。
また、トイレとお風呂に関しても、浴室に洗面台がある2点ユニットバスなのか、浴室に洗面台とトイレがある3点ユニットバスなのか、大浴場なのか、など様々なタイプの部屋があるので、自分好みに合わせて部屋を選びましょう。
ほかにも車を使う人には駐車場の有無、部屋でインターネットを使う人には無線LAN対応か否かの確認は重要です。

よいホテルの見つけ方

せっかく泊まるならきれいな部屋のホテルがいい、というのは誰しもが思うはずです。
同じ値段で清潔感のある施設を探しているなら、オープン、もしくはリニューアルから5年以内のホテルがおすすめ。
その際、一部リニューアルではなく、全面リニューアルであることに注意してください。
また、少し予算は上がってしまいますが、デュベスタイルの部屋は清潔感のある場合が多いので、ホテルを予約するときにベッドメイクのスタイルまで見てみるとよいかもしれません。
さらに、ネットでの予約をする際には、口コミのチェックが必須です。
ただ単に満足度の星の数を見るだけでなく、レビュー者のコメントや写真にまでしっかり目を通して、安心して宿泊できるホテルを探しましょう。